天文時(読み)てんもんじ(英語表記)astronomical time

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天文時
てんもんじ
astronomical time

1925年以前の天文学の計時法平均太陽時正午を1日の初めとして記録したが,現在ではこの方法は廃止され,特に天文という呼称はなくなった。しかし,ユリウス日ではこの時法が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんもんじ【天文時 astronomical time】

地球および太陽系天体の運動に基づく時刻システムの総称である。このうち,地球の自転角度に基づくものに,太陽時平均太陽時恒星時などがあり,また地球,月,内惑星の公転運動を基準としたものに暦表時がある。前者を自転時,後者を公転時または天体力学時という。自転時の代表例は平均太陽時であり,これは経度0゜の子午線に関する平均太陽の時角へ12時を加えたものとして定義される。これは地球の自転角度に正確に比例する量ではあるが,自転速度に変動があるため,物理的に一様な時刻システムとは限らない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんもんじ【天文時】

原子時に対して、天体の位置観測による時法の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天文時
てんもんじ

広義には原子時計により定まる原子時に対して、天文学的に決まる時系をいう。地球の自転による世界時系と、公転から決まる暦表時系がある。狭義には平均太陽のグリニジ子午線の南中をもって始まる平均太陽時と、1925年1月1日以後天文学で用いられるようになった、真夜中に始まるグリニジ常用時(世界時)があり、この両者を区別して、正午に始まるグリニジ平均太陽時をグリニジ平均天文時という。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てんもん‐じ【天文時】

〘名〙
① 平均太陽時で、正午を基点とする制度。一九二五年一月一日以後用いられない。⇔常用時
② 天文学的に決めた時間のシステム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天文時の関連情報