コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平井康三郎 ひらい こうざぶろう

1件 の用語解説(平井康三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平井康三郎 ひらい-こうざぶろう

1910-2002 昭和-平成時代の作曲家。
明治43年9月10日生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)在学中「ゆりかご」などを作曲。昭和11年交声曲「不尽山をみて」が音楽コンクール第1位となる。のちNHKの専属作曲家として活躍。22年戦後最初の国定音楽教科書の編集にたずさわった。43年大阪音大教授。「詩と音楽の会」会長。作品に「平城山(ならやま)」「大仏開眼」,童謡「とんぼのめがね」など。妻はバイオリニスト平井友美子,長男はチェリスト平井丈一朗。平成14年11月30日死去。92歳。高知県出身。本名は保喜(やすき)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

平井康三郎の関連キーワード磯部俶宇野誠一郎佐藤勝芝祐久高田三郎渡久地政信花見薫船村徹山本直純吉田矢健治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平井康三郎の関連情報