コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均運動 へいきんうんどうmean motion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均運動
へいきんうんどう
mean motion

360°を天体公転周期で割ったもの。天体の軌道は通常楕円であるため,天球上の天体の運行は一様ではないが,それを平均した仮想天体の運動のことで,たとえば太陽の運行を一律にならした平均太陽は時間の決定の基本に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいきんうんどう【平均運動 mean motion】

惑星や衛星が,太陽あるいはその母惑星のまわりを公転する平均の角速度をいう。すなわち,2πを惑星あるいは衛星の公転周期でわった量のこと。平均運動をn,公転の楕円軌道の半長径をa,万有引力定数をG,太陽(あるいは母惑星)の質量をM,惑星(あるいは衛星)の質量をmとすると,これらの量の間には,n2a3G(Mm)というケプラーの第3法則が成り立っている。惑星相互や同じ母惑星の衛星相互の平均運動の間には,簡単な整数比の成り立つ場合がかなり多くあり,この事実と力学的な安定性との関連が指摘されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へいきんうんどう【平均運動】

ある天体の周りを楕円軌道を描いて公転をしている天体について、一周360度をその公転周期で割って得られる平均角速度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平均運動の関連キーワードカークウッドの間隙天文学史(年表)等分配の原理万有引力定数特異小惑星楕円軌道フォボス平山清次特有運動トロヤ群永年加速アキレスヒルダ群平山族半長径平均台床運動質量温度

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平均運動の関連情報