コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平庭高原 ひらにわこうげん

3件 の用語解説(平庭高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平庭高原
ひらにわこうげん

岩手県北部,平庭岳 (1060m) 中腹に広がる北上高地隆起準平原の代表的高原。草原一帯にはシラカバの林,レンゲツツジの大群落などがみられ,ウシ,ヒツジが放牧される。平庭岳の北方,明神岳にかけての尾根道はハイキングコース。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひらにわ‐こうげん〔ひらにはカウゲン〕【平庭高原】

岩手県北東部、平庭岳(標高1060メートル)の中腹に広がる高原。山腹の北側には30数万本のシラカバ林があり、その規模は日本一。南側はレンゲツツジの群生地。久慈平庭県立自然公園に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平庭高原
ひらにわこうげん

岩手県北部、岩手郡葛巻(くずまき)町と久慈(くじ)市の境にある平庭岳(1060メートル)の中腹に広がる隆起準平原。広大なシラカンバの樹海と草原に包まれ、古くからの放牧地であり採草地であった。レンゲツツジの大群落やハマナス、アジサイの群生もみられる。平庭岳北麓(ほくろく)に源を発する久慈川筋の渓流、遠島山(とおしまやま)を源とする長内(おさない)川の渓谷とともに久慈平庭県立自然公園に指定されている。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平庭高原の言及

【山形[市]】より

…山形県中央東部に位置する県庁所在都市で,県下一の商工業都市でもある。1889年市制。人口25万4488(1995)。山形盆地の南部に位置し,南は上山(かみのやま)市,北は天童市に接し,市域の東部は蔵王山頂を含む奥羽山脈,西は白鷹丘陵の山地である。奥羽山脈から西流する立谷(たちや)川や馬見ヶ崎(まみがさき)川は盆地東半に扇状地を形成し,中央平野部を北流する須川に注ぐ。気候は内陸性で気温の較差は大きいが,積雪量は年平均20~30cmで県内平地では比較的少ない。…

※「平庭高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平庭高原の関連キーワード葛巻[町]岩手県北上市飯豊岩手県岩手郡葛巻町岩手県北上市里分岩手県北上市更木岩手県北上市成田岩手県北上市平沢岩手県北上市藤沢岩手県北上市湯沢平庭岳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平庭高原の関連情報