コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平庭高原 ひらにわこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平庭高原
ひらにわこうげん

岩手県北部,平庭岳 (1060m) 中腹に広がる北上高地隆起準平原の代表的高原。草原一帯にはシラカバの林,レンゲツツジの大群落などがみられ,ウシ,ヒツジが放牧される。平庭岳の北方,明神岳にかけての尾根道はハイキングコース。久慈平庭県立自然公園の一環をなし,国道 281号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひらにわ‐こうげん〔ひらにはカウゲン〕【平庭高原】

岩手県北東部、平庭岳(標高1060メートル)の中腹に広がる高原。山腹の北側には30数万本のシラカバ林があり、その規模は日本一。南側はレンゲツツジの群生地。久慈平庭県立自然公園に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平庭高原
ひらにわこうげん

岩手県北部、岩手郡葛巻(くずまき)町と久慈(くじ)市の境にある平庭岳(1060メートル)の中腹に広がる隆起準平原。広大なシラカンバの樹海と草原に包まれ、古くからの放牧地であり採草地であった。レンゲツツジの大群落やハマナス、アジサイの群生もみられる。平庭岳北麓(ほくろく)に源を発する久慈川筋の渓流、遠島山(とおしまやま)を源とする長内(おさない)川の渓谷とともに久慈平庭県立自然公園に指定されている。[金野一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平庭高原の言及

【山形[市]】より

…山形県中央東部に位置する県庁所在都市で,県下一の商工業都市でもある。1889年市制。人口25万4488(1995)。山形盆地の南部に位置し,南は上山(かみのやま)市,北は天童市に接し,市域の東部は蔵王山頂を含む奥羽山脈,西は白鷹丘陵の山地である。奥羽山脈から西流する立谷(たちや)川や馬見ヶ崎(まみがさき)川は盆地東半に扇状地を形成し,中央平野部を北流する須川に注ぐ。気候は内陸性で気温の較差は大きいが,積雪量は年平均20~30cmで県内平地では比較的少ない。…

※「平庭高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

平庭高原の関連キーワード岩手県久慈市山形町霜畑岩手県久慈市山形町来内岩手県久慈市九戸[村]シラカンバ久慈市葛巻町山形

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android