平成30年7月豪雨(読み)へいせいさんじゅうねんしちがつごうう

知恵蔵miniの解説

平成30年7月豪雨

2018年6月28日から7月8日にかけて西日本を中心に広い範囲で発生した豪雨。同年7月9日、気象庁が豪雨の名称を発表した。梅雨前線や台風7号の影響で記録的な大雨となり、同年7月6日から8日にかけて福岡、佐賀、長崎、広島、岡山、鳥取、京都、兵庫、岐阜、愛媛、高知の11府県で大雨特別警報が発表された。各地で河川氾濫洪水土砂災害などの甚大な被害が発生し、総務省消防庁の集計(同年7月11日6時45分時点)によると、住家被害は床上浸水7,893、床下浸水13,738、人的被害は死者158人、行方不明者30人に上っている。

(2018-7-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

平成30年7月豪雨の関連情報