合せ(読み)アワセ

デジタル大辞泉の解説

あわせ〔あはせ〕【合(わ)せ】

他の語と複合して用いる。
㋐物と物とを合わせること。「背中合わせ」「顔合わせ
㋑比べて優劣を争うこと。「物合わせ」「歌合わせ
釣りで、当たりがあったときに、魚の口に針がかかるようにする操作。さおの穂先をすばやく持ち上げる動作など。
婚姻。
「―の事ありて、同じ里より年かまへなる女房を持ちしに」〈浮・諸国ばなし・四〉
《飯に取り合わせる物の意》おかず。副食物。
「―いと清らに調じて」〈宇津保・国譲下〉
[下接語]朝顔合わせ従兄弟(いとこ)合わせ犬合わせ鶯(うぐいす)合わせ牛合わせ後ろ合わせ歌合わせ裏合わせ絵合わせ音合わせ面(おも)合わせ貝合わせ顔合わせ家族合わせ菊合わせ句合わせ食い合わせ草合わせ組み合わせ毛抜き合わせ香合わせ小鳥合わせ語呂(ごろ)合わせ詩合わせ背中合わせ炊き合わせ抱き合わせ付け合わせ詰め合わせ手合わせ取り合わせ鶏(とり)合わせ根合わせ鉢合わせ花合わせ万句合わせ向こう合わせ虫合わせ文字合わせ物合わせ盛り合わせ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android