平野零児(読み)ひらの れいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野零児 ひらの-れいじ

1897-1961 昭和時代の小説家。
明治30年2月6日生まれ。河本(こうもと)大作の義弟。「大阪毎日新聞」などの記者をへて,昭和8年文芸春秋社特派員として満州(中国東北部)にわたる。中国大陸を題材に小説,軍事読み物をかいた。昭和36年8月26日死去。64歳。兵庫県出身。正則英語学校中退。本名は嶺夫。著作に「満州国皇帝」「満州の陰謀者」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android