広岡達朗(読み)ヒロオカタツロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広岡達朗 ひろおか-たつろう

1932- 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和7年2月9日生まれ。昭和29年巨人に入団,3割1分4厘で新人王。遊撃手として長嶋茂雄と三遊間コンビをくむ。実働13年,通算2割4分,117本塁打。52-54年ヤクルト監督(53年日本一),57-60年西武監督(57,58年連続日本一,60年リーグ優勝)をつとめ,優勝請負人とよばれた。平成4年野球殿堂入り。広島県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広岡達朗
ひろおかたつろう
(1932― )

プロ野球選手(内野手:右投右打)、監督。2月9日、広島県生まれ。呉三津田(くれみつた)高から早稲田(わせだ)大学に進み、正遊撃手に定着、華麗なプレーでファンを魅了した。1954年(昭和29)に読売ジャイアンツ(巨人)へ入団し、遊撃手としてベストナインに選ばれた。打っても打率3割1分4厘、15本塁打と活躍、新人王に選出された。しかしその後は低打率にあえぎ、守備でも大阪タイガース(現、阪神タイガース)の吉田義男を上回る評価を得ることはできず、1966年に引退した。1970年広島東洋カープのコーチに就任したのを機に指導者として手腕を発揮。ヤクルトスワローズ(現、東京ヤクルトスワローズ)のコーチを務めていた1976年のシーズン途中から監督としてチームを率い、2年後の1978年には球団史上初のリーグ優勝を果たすと、日本シリーズも制して日本一となった。1982年から1985年の西武ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)の監督時代は、4年間でリーグ優勝3回、日本一2回に輝いた。論理的に勝利を追求し、選手の食生活まで細かく指導するその手法は「管理野球」とよばれた。[出村義和]
 選手としての13年間の通算成績は、出場試合1327、安打1081、打率2割4分、本塁打117、打点465。獲得したおもなタイトルは、新人王、ベストナイン1回。監督としての通算成績(8年)は、966試合、498勝406敗62分け、勝率5割5分1厘、リーグ優勝4回、日本シリーズ優勝3回。1992年(平成4)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『越智正典著『巨人を超えた男』(1982・恒文社) ▽広岡達朗著『積極思想のすすめ』(1984・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広岡達朗の関連情報