コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座法/坐法 ザホウ

デジタル大辞泉の解説

ざ‐ほう〔‐ホフ〕【座法/×坐法】

座り方の法式。仏・菩薩(ぼさつ)や仏徒などの結跏趺坐(けっかふざ)・長跪(ちょうき)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざほう【座法】

のメンバーである座衆が,座の維持を目的に自主的に定めた規約座中法度衆中式目などともいう。座は基本的には自律的集団としての性格をもち,座の運営は座衆の自治,平等を原則としたため,このような規約を必要とし,座法の文書様式はこの時代の他の自律集団の制定した法と同じく,定書(さだめがき)の様式をとるものが多い。中世にはその目的に応じて多種多様の座が結成されたが,神事・仏事奉仕を目的とする宮座・寺座,中世後期奉仕集団から営業団体へその性格を転化させた商工業座・芸能座にわけられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の座法/坐法の言及

【中世法】より

…これが寺院法であって,その数量は膨大なものがあり,その内容は,僧団成員の純然たる戒律のほかに,僧団の組織規定,僧団と外部の接触・交渉や成員の物質生活面に関する規制,寺院経済に関する規制等,多岐にわたっている。 以上のほかに,商品の生産・流通・販売等に特権をもつ座(ざ),供御人(くごにん)等の座法,演技上の特権や技芸伝授の秘匿性を主内容とする諸芸能の座法,また主として16世紀以降の畿内および周辺地域に見られる地縁共同体の村掟・町掟等がある。
【中世法の特質】
 古代国家の解体のあとに現れた王朝国家においては,中央貴族の各氏が,中央官庁内の個別特定の官司を家業として請負的に運営するという,特徴的な政治機構運営方式に象徴されるように,最も価値ある体制概念は,第1に家業であり,第2に家業連合体としての職能団体であった。…

※「座法/坐法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

座法/坐法の関連キーワード滑らかす・辷らかす閉眼法要[御礼]遷仏法要[御礼]百座法談聞書抄岡田 虎二郎岸本 能武太半跏思惟像無悪不造行き失す飯綱高原十界修行ヨーガ座り方三村荘降魔坐丸かし侍り勝猷肉団胡床

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android