コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座禅豆 ザゼンマメ

デジタル大辞泉の解説

ざぜん‐まめ【座禅豆】

黒大豆を甘く煮た食べ物座禅中、小用に立たないために食べたところからの名という。ざぜまめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

座禅豆【ざぜんまめ】

小粒の黒豆雁喰(がんくい)豆)あるいはダイズを甘く煮しめたもの。〈ざぜまめ〉とも。もと僧が座禅をする際に尿を止めるために食べたといわれる。黒豆のものは丹波篠山(ささやま)地方の名物。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ざぜんまめ【座禅豆】

黒豆を甘く煮しめた料理。◇「食べると尿が止まる」とされ、僧が座禅の際、途中で用を足すために中断しないでよいように食べたことからこの名があるとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ざぜんまめ【座禅豆】

〔座禅の際、小便を止めるために食べる習慣があったということから〕
黒豆を甘く煮た食べ物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

座禅豆の関連キーワード黒大豆九年酒小便習慣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android