コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓然 カクゼン

3件 の用語解説(廓然の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かく‐ぜん〔クワク‐〕【×廓然】

[ト・タル][文][形動タリ]心が晴れわたり、わだかまりのないさま。かくねん。
「貴い古(いにしえ)の聖者の如く―として大悟しなければならぬ」〈谷崎・神童〉

かく‐ねん〔クワク‐〕【×廓然】

[ト・タル][文][形動タリ]かくぜん(廓然)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かくぜん【廓然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
心が広くわだかまりのないさま。 「 -とした胸中」 「人心の秘奥を貫ぬく痛烈深酷なる描写に…或は赧然として慚ぢ、或は悚然として恐れ、或は-として醒め/復活 魯庵

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廓然の関連情報