廓然(読み)かくねん

精選版 日本国語大辞典「廓然」の解説

かく‐ねん クヮク‥【廓然】

〘形動タリ〙 (「ねん」は「然」の呉音) =かくぜん(廓然)
※明極楚俊遺稿(14C中か)示念仏王道人「念到無念時。本性然悟」
※日葡辞書(1603‐04)「Quacunen(クヮクネン)。または、クヮクゼン」
※二日物語(1892‐1901)〈幸田露伴〉此一日「廓然(クヮクネン)として天に際涯(はて)無く」 〔観無量寿経〕

かく‐ぜん クヮク‥【廓然】

〘形動タリ〙 心が大空のように晴れて、わだかまりがなく広いさま。悟りの形容などに用いる。また、推し広めたさま。かくねん。〔饅頭屋本節用集(室町末)〕
随筆・絵事鄙言(1799)「必ず須く胸中廓然として一物無かるべし」 〔礼記‐檀弓上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「廓然」の解説

かく‐ぜん〔クワク‐〕【×廓然】

[ト・タル][文][形動タリ]心が晴れわたり、わだかまりのないさま。かくねん。
「貴いいにしえ聖者の如く―として大悟しなければならぬ」〈谷崎・神童〉

かく‐ねん〔クワク‐〕【×廓然】

[ト・タル][文][形動タリ]かくぜん(廓然)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「廓然」の解説

【廓然】かく(くわく)ぜん

心の広くむなしいさま。〔説苑、君道〕人君のは、~廓然としてく見、然(かくぜん)として獨立し、(しばしば)省みてへ、以て臣下に臨む。此れ人君の操なり。

字通「廓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android