延喜格式(読み)えんぎきゃくしき

百科事典マイペディアの解説

養老律令(ようろうりつりょう)》の補充法典として編纂された,三代格式(さんだいきゃくしき)の一。905年に編纂が始められ,12巻は907年撰進・908年施行。869年−907年に至る格を官司別に収め,雑格・臨時格を付け加える。いっぽう式(延喜式)50巻は927年撰進・967年施行。〈延喜格〉の原文は散逸し,《類聚三代格》所収のものと逸文が知られる。これに対し《延喜式》はほぼ完全な形で伝えられている。
→関連項目藤原時平

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

養老律令に対する補充法典として編纂された三代格式の一つ。905年(延喜5)編纂開始。格12巻は907年に撰進され,908年に施行されたが,式50巻は編纂に手間どり,927年(延長5)にいったん完成奏上,その後も修訂事業が続けられ,967年(康保4)に至ってようやく施行された。《延喜格》は先行の《弘仁格》《貞観格》の両格と併用することを前提として,869年(貞観11)から907年に至る間の,勅,太政官符などを官司別に編纂し,これに雑格と臨時格とを付加している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

平安中期の法令集。三代格式の一つ
醍醐 (だいご) 天皇により編集に着手。延喜格は藤原時平らの編集により907年完成。869〜907年の重要法令を集録した。10巻。延喜式は藤原忠平らの編集により927年完成。967年施行。さきに編集された弘仁・貞観両式を集成し,それ以外の式を追加したもの。のちの貴族政治のよりどころとなった。50巻。律令制度についての重要史料。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android