コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延喜格式 えんぎきゃくしき

百科事典マイペディアの解説

延喜格式【えんぎきゃくしき】

養老律令(ようろうりつりょう)》の補充法典として編纂された,三代格式(さんだいきゃくしき)の一。905年に編纂が始められ,格12巻は907年撰進・908年施行。
→関連項目藤原時平

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんぎきゃくしき【延喜格式】

養老律令に対する補充法典として編纂された三代格式の一つ。905年(延喜5)編纂開始。格12巻は907年に撰進され,908年に施行されたが,式50巻は編纂に手間どり,927年(延長5)にいったん完成奏上,その後も修訂事業が続けられ,967年(康保4)に至ってようやく施行された。《延喜格》は先行の《弘仁格》《貞観格》の両格と併用することを前提として,869年(貞観11)から907年に至る間の詔,勅,太政官符などを官司別に編纂し,これに雑格と臨時格とを付加している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

延喜格式の関連キーワード延喜・天暦の治類聚三代格藤原忠平弘仁格式三善清行醍醐天皇惟宗氏延喜式