コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘長新制 こうちょうしんせい

百科事典マイペディアの解説

弘長新制【こうちょうしんせい】

亀山天皇後嵯峨院の代の弘長3年(1263年)に発せられた41ヵ条の公家新制。弘長元年(1261年)にも21ヵ条の公家新制が発せられたが,一般に前者をさす。従来の新制を継承した部分も多いが,任官・叙位などの細目を規定して朝廷秩序の回復を図った点,幕府に対抗したと思われる訴訟条項などに注目すべきものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうちょうしんせい【弘長新制】

亀山天皇の弘長3年(1263)8月13日宣下された公家新制。弘長1年5月にも新制が出されたが,普通3年の方を意味する。全41条。発布の事情に関する史料を欠くが,弘長1年12月に鎌倉幕府が立法した全61条の《関東新制条々》に対応して出されたと考えられ,寛喜新制に次いで条文数が多く,各規定も詳細・具体的で,以後の新制の一つの規範とされた。仏神事の興行,過差の停止,吏務の戒粛など従前の新制を踏襲した面も多いが,やや文飾の少ない達意を旨とした文章が用いられており,任官叙位に関する詳細な規定や,二,三の裁判規定,印地(いんじ)打の禁制などの事項が注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弘長新制の関連キーワード公家法

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android