精勤(読み)セイキン

  • しょうごん シャウ‥

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)仕事や学業などにまじめに励むこと。「業務に精勤する」「精勤手当」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しょう」「ごん」はそれぞれ「精」「勤」の呉音) 仏語。勤行(ごんぎょう)にはげむこと。仏道修行にいそしむこと。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)四「精勤(シャウコン)(〈注〉ネンコロニツトメ)して、わが法を護持助宣し」
〘名〙 (形動)
① 休んだり、怠けたりしないで、仕事や学業によく励むこと。まじめに勤務して努力すること。また、そのさま。精励。
※経国集(827)二〇・大日奉首名対策文「運日連蜺之士、精勤新日」
※葉隠(1716頃)一「何某事、数年の精勤にて、我人一廉御褒美可仰付と存居候処」 〔魏志‐辛毗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精勤の関連情報