コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式乾門院 しきけんもんいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式乾門院
しきけんもんいん

[生]建久8(1197).京都
[没]建長3(1251).1.2. 京都
尊称皇后利子内親王。後高倉太上天皇 (守貞親王) 第1女。母は贈太政大臣基家の娘の北白河院藤原陳子。嘉禄2 (1226) 年内親王となり,同時に伊勢斎宮,翌々年伊勢に参入した。貞永1 (32) 年 10月後堀河天皇の譲位により斎宮を退下して帰洛し,四条天皇母儀に准じ皇后尊称された。延応1 (39) 年 11月院号宣下を受けて式乾門院と称し,同日落飾して法名を真性智といった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式乾門院 しきけんもんいん

1197-1251 鎌倉時代,後高倉院の第1皇女。
建久8年生まれ。母は北白河院嘉禄(かろく)2年(1226)内親王,伊勢斎宮となる。貞永(じょうえい)元年後堀河天皇の譲位により斎宮をしりぞく。天福元年四条天皇の准母となり,皇后と尊称される。延応元年病により出家,院号をうけた。建長3年1月2日死去。55歳。名は利子(りし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

式乾門院の関連キーワード式乾門院御匣利子内親王上杉重房守貞親王藤原成子鎌倉時代室町院塩津

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android