コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張問陶(読み)ちょうもんとう(英語表記)Zhang Wen-tao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張問陶
ちょうもんとう
Zhang Wen-tao

[生]乾隆29(1764)
[没]嘉慶19(1814)
中国,清の詩人。四川省遂寧県の人。字,仲冶 (ちゅうや) 。号,船山。乾隆 55 (1790) 年進士に及第。翰林院検討,吏部郎中などをつとめたのち,莱州 (山東省) 知事となり,嘉慶 17 (1812) 年退官,江蘇の地に遊んでまもなく没した。詩風は平易,生気にあふれ,気骨に富み,巧緻に走りがちであった当時の風潮のなかでは特異。書画でも高名。詩集『船山詩草』 (20巻) は,日本で江戸時代末期に翻刻され,明治に入っても広く読まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうもんとう【張問陶 Zhāng Wèn táo】

1764‐1814
中国,清代中期の詩人。字は仲冶,号は船山。四川省遂寧の出身。ありのままの自我の表白を重んじ,48歳上の〈性霊派〉の袁枚(えんばい)に絶賛されたが,師に比べより感傷的である。26歳での進士以来20年間の中央仕官を通じて中央詩壇の評判をとったが,見るべきものはむしろ,先妻・継妻への追慕相聞,使用人への親近感などを歌った作品にある。その《船山詩草》は江戸・明治期に愛読された。【松村 昂】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張問陶
ちょうもんとう
(1764―1814)

中国、清(しん)代の詩人。字(あざな)は仲冶(ちゅうや)、号は船山(せんざん)。四川(しせん)省遂寧(すいねい)県の出身。雍正(ようせい)帝のときの賢相、大学士張鵬(ちょうほうかく)の玄孫。1790年(乾隆55)の進士。翰林院(かんりんいん)庶吉士(しょきつし)から都察院御史、吏部郎中を歴任し、山東省莱州(らいしゅう)府知事に転じて退官。蘇州(そしゅう)に住んで江蘇・浙江(せっこう)地方を遊歴した。詩に優れ、京官時代には洪亮吉(こうりょうきつ)ともっとも交際が密だった。彼が袁枚(えんばい)に認められる契機をつくったのも、洪だった。四川省出身の詩人中、清代を通じて第一の称があり、性霊(せいれい)説を奉じ清新にして叙情的なその作風は、江戸末期から明治にかけて、日本でも多くの愛好者を得た。書画はともに一家をなしている。『船山詩草』26巻がある。[佐藤一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android