コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張魯 ちょうろZhang Lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張魯
ちょうろ
Zhang Lu

中国の後漢に興った五斗米 (ごとべい) 道の大成者。張陵の孫。字は公祺 (き) 。沛 (江蘇省) の人。後世に係師と呼ばれる。五斗米道 (天師道) は後漢末の混乱期に数多くの信者を得たが,張魯はこれを巧みに組織化した。益州 (四川省) 牧の劉焉 (りゅうえん) は彼を督義司馬に任じ,その独立を認めた。こうして漢中 (陝西省) 地方には,2世紀の末に五斗米道を紐帯とする宗教王国がつくられることになった。建安 20 (215) 年,曹操が漢中を攻めると張魯はこれにくだりろう中侯に封じられた。張魯によって組織づけられた五斗米道はやがて江西に移り,道教へと発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうろ【張魯 Zhāng Lǔ】

?‐216
中国,五斗米道(ごとべいどう)の大成者。後漢末期,益州(四川省)長官の下で部隊長になり,漢中(陝西省南部)攻略に成功してここに独立した。その政権は,祖父の張陵から父の張衡(ちようこう)を経て伝えられた五斗米道の教法を整備し,その信仰を精神的紐帯にするとともに,教団組織をそのまま行政に活用した一種の宗教王国で,30年近く独立を保ったが,215年(建安20),曹操軍門に下り,張魯らは曹操の根拠地である鄴(ぎよう)(河北省南端)に移されて,この宗教王国は崩壊した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張魯
ちょうろ

生没年不詳。中国、2世紀末の道士。道教の始まりである五斗米道(ごとべいどう)(または天師道)を始めた張陵(ちょうりょう)(天師とよぶ)の孫。父の張衡(ちょうこう)が嗣師(しし)、張魯は系師(けいし)(または係師)とよばれた。字(あざな)は公祺(こうき)。祖父、父を継いで、五斗米道の教えと組織とを確立し、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)という三国鼎立(ていりつ)の戦乱時代に、陝西(せんせい)省から四川(しせん)省にかけて、一大宗教集団を約30年間指導した。215年(建安20)魏の曹操(そうそう)の下に入った。[福井文雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の張魯の言及

【鬼道】より

…一方,巫覡(ぶげき)などの行う呪術および国家非公認の呪術的宗教などもまた鬼道といわれる。後漢末から三国魏の時代にかけて,四川,陝西両省にまたがる一大宗教王国を築いた五斗米道教団の第3代教主である張魯は,主として符(おふだ)や呪水といった呪術的方法を用いて病人の治療を行い,その勢力を拡大していったが,当時の史書は張魯の教法を鬼道と決めつけている。また《魏志倭人伝》には,女王卑弥呼が〈鬼道に事(つか)え,人心を惑わし〉ていたことが記されている。…

【五斗米道】より

…創始者といわれる張陵が信者に米5斗を出させたので,この名が生まれたというが,彼ら自身では新出正一明(盟)威之道と称したらしい。張陵の孫の張魯がその教法を大成し,司教や司祭にあたる治頭や祭酒などの教団組織を固めて独立の宗教王国を樹立したが,215年(建安20),曹操の軍門に下った。しかし,その教団は天師道の名で継続し,いわゆる道教の重要な柱となって発展する。…

※「張魯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

張魯の関連キーワード魏(中国、三国の一つ)漢の時代(年表)張天師龐統馬超鬼道