コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張陵 ちょうりょうZhang Ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張陵
ちょうりょう
Zhang Ling

中国,後漢五斗米 (ごとべい) 道の創始者。沛 (はい。江蘇省) の人。後漢中期に出て,蜀 (四川省) の鶴 (鵠) 鳴山で道を学び,『道書』 (24編) をつくり,宗教活動を行なった。彼に従って道を学ぶ者は米5斗を出したので五斗米道と呼ばれる。また張陵は天師と称したので天師道ともいう。現在の道教の源流である。葛洪 (かつこう) の『神仙伝』には張道陵とみえる。なお彼の子の衡は嗣師,孫の魯は係師と呼ばれ,合せて三師,あるいは,三張という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

張陵【ちょうりょう】

中国,後漢末の道士。生没年不詳。張道陵とも。その唱道した五斗米道(ごとべいどう)は大いに民心を得て子の張衡,孫の張魯の時代には一大政治勢力になるに至った。
→関連項目張天師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうりょう【張陵 Zhāng Líng】

中国,道教教団の源流の一つとなった五斗米道(ごとべいどう)の開祖。張道陵ともよばれる。生没年不明。もとは沛国(はいこく)(江蘇省北部)の人であったが,130年から140年代のころ,蜀(四川省)の鳴山(こくめいざん)で修行し,神々から啓示を受けて道書を作り,これを民衆に教えて信者から米5斗を出させたという。その教えは,孫の張魯(ちようろ)が漢中に五斗米道の政権を立てて大成した教法から考えれば,最初から病気の治癒を中心にしていたらしく,またそれが〈鬼道(きどう)〉とよばれたのは,神々との交感を重視したからであろうと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうりょう【張陵】

中国、後漢末の道士。道教の源流とされる五斗米道ごとべいどう(天師道)の創始者。蜀の鵠鳴山で修行して符書を著す。後世、天師と称された。張道陵。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張陵
ちょうりょう

生没年不詳。中国、後漢(ごかん)末2世紀中ごろにおこった五斗米道(ごとべいどう)(天師道、のちに正一(しょういつ)教ともよばれる)の開祖。道教の「教祖」としても尊崇され、したがって、張道陵ともよばれる。もとは沛(はい)国(江蘇(こうそ)省北部)豊の人。のちに蜀(しょく)(四川(しせん)省)の鶴鳴(かくめい)山に移り、治病のための符(ふ)(お札(ふだ))や道書を広めて宗教教団(五斗米道)を組織した。道教の伝承によれば、張陵は天から天師の位を授けられ、「新出老君」(新たに世に現れた老子)という名を142年に下されている。天と人との間の仲介者という意味では、中国の「天子」や、モーセ、キリスト、ムハンマド(マホメット)などに匹敵するであろう。唐代から今日まで、正一教の本拠は江西省竜虎山(りゅうこざん)にあるが、中国革命後、道士は多く台湾に亡命した。そのため、台湾では今日でも張道陵崇拝が続いている。彼の像は青い面を有し、道士の衣冠を着け、悪魔に立ち向かう剣を持ち、ときには虎(とら)にまたがる姿になっている。[アンナ・ザイデル]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の張陵の言及

【五斗米道】より

…2世紀末から3世紀はじめに中国の四川省から陝西省南部に広まった宗教。創始者といわれる張陵が信者に米5斗を出させたので,この名が生まれたというが,彼ら自身では新出正一明(盟)威之道と称したらしい。張陵の孫の張魯がその教法を大成し,司教や司祭にあたる治頭や祭酒などの教団組織を固めて独立の宗教王国を樹立したが,215年(建安20),曹操の軍門に下った。…

【天師道】より

…中国における道教の宗派の一つ。2世紀の後半,張陵によって創始され,その子の張衡,孫の張魯に継承された。その教法はおふだ(符籙),ざんげ(首過)による治病で,信者から五斗の米を供出させたため五斗米道(ごとべいどう)と呼ばれた。…

【道教】より

…〈吾れ(太上老君)故に来りて汝を観,汝に天師の位を授け,汝に雲中音誦新科の誡二十巻を賜う……汝は吾が新科を宣(の)べて道教を清め整え,三張の偽法の租米銭税および男女合気の術を除去せよ。大道は清虚にして豈に斯の事有らんや……〉というのが,その神勅の主文であるが,ここでは〈道教〉の語が明確に太上老君を大神とする中国土着の宗教をよぶ言葉として用いられており,しかもその道教は漢・魏の時代の張陵から孫の張魯に至る天師道(五斗米道(ごとべいどう))の教を清め整え,革新する宗教として強調されている。 《魏書》釈老志に載せる太上老君の神勅の中に見える〈道教〉の語は,たしかに後漢の天師道以来の中国伝統の宗教を呼ぶ言葉であったが,この道教をさらにインド成立の外来宗教である仏教と対立させて,外来すなわち〈夷〉の宗教に対する中国固有,すなわち〈夏(か)〉(中華)の宗教の独自性を強調しているのは,南朝(南斉)の道士顧歓(420‐483?)の書いた《夷夏論》である。…

※「張陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

張陵の関連キーワード青城山と都江堰水利〈灌漑〉施設神仙思想創始者天師道後世道暦葛洪

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android