コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾誓 タンゼイ

2件 の用語解説(弾誓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんぜい【弾誓】

[1552~1613]安土桃山時代・江戸初期の浄土宗捨世派の僧。尾張の人。各地を遍歴、佐渡で修行中に阿弥陀の説法を感得。のち、京都大原の阿弥陀寺などを開いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弾誓 たんぜい

1552-1613 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)21年4月15日生まれ。浄土宗。諸国を遍歴して阿弥陀仏の説法を感得した。のち幡随意(ばんずいい)の法をつぐ。信濃(しなの)(長野県)諏訪,箱根塔之沢,京都大原古知谷(こちだに)の阿弥陀寺などおおくの寺をひらいた。長髪異相の木食上人として知られ,名号書写は四百余万枚におよんだといわれる。慶長18年5月25日死去。62歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弾誓の関連キーワードザビエルロンサールバンテン王国クック海洋文学日本海および海底地名の変更要求高伝寺カザンハン国根本寺周期表

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弾誓の関連情報