コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾誓 タンゼイ

2件 の用語解説(弾誓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんぜい【弾誓】

[1552~1613]安土桃山時代・江戸初期の浄土宗捨世派の僧。尾張の人。各地を遍歴、佐渡で修行中に阿弥陀の説法を感得。のち、京都大原の阿弥陀寺などを開いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弾誓 たんぜい

1552-1613 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)21年4月15日生まれ。浄土宗。諸国を遍歴して阿弥陀仏の説法を感得した。のち幡随意(ばんずいい)の法をつぐ。信濃(しなの)(長野県)諏訪,箱根塔之沢,京都大原古知谷(こちだに)の阿弥陀寺などおおくの寺をひらいた。長髪異相の木食上人として知られ,名号書写は四百余万枚におよんだといわれる。慶長18年5月25日死去。62歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

弾誓の関連キーワード狩野吉信青山了昌碓井姫織田信益可児才蔵河内掾吉次佐分利猪之助順専雪林古田斎宮(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弾誓の関連情報