弾誓(読み)タンゼイ

  • 弾誓 (たんぜい)
  • 弾誓 たんぜい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1552-1613 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)21年4月15日生まれ。浄土宗。諸国を遍歴して阿弥陀仏の説法を感得した。のち幡随意(ばんずいい)の法をつぐ。信濃(しなの)(長野県)諏訪,箱根塔之沢,京都大原古知谷(こちだに)の阿弥陀寺などおおくの寺をひらいた。長髪異相の木食上人として知られ,名号書写は四百余万枚におよんだといわれる。慶長18年5月25日死去。62歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1552年4月15日
安土桃山時代;江戸時代前期の浄土宗の僧
1613年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

安土桃山時代・江戸初期の僧。浄土宗捨世派に属する。尾張の人。各地を遍歴、佐渡で修行中に阿彌陀の説法を感得、のち、京都大原の阿彌陀寺などを開いた。天文二一~慶長一八年(一五五二‐一六一三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android