暫く/姑く/須臾(読み)シバラク

デジタル大辞泉の解説

しばら‐く【暫く/×姑く/須臾】

[副](スル)《「しまらく」の音変化》
すぐではないが、あまり時間がかからないさま。少しの間。しばし。「―お待ちください」「―して主人が現れた」
時間的にある程度長く続くさま。当分。「好天は―続くだろう」「―は当地に滞在する」
一時的であるさま。仮に。「その件は―おくとして」
「―衣裳にたきものすと知りながら」〈徒然・八〉

しまら‐く【暫く】

[副]しばらく」の古形
「―は寝つつもあらむを」〈・三四七一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまらく【暫く】

( 副 )
「しばらく(暫)」の古形。 「 -は寝つつもあらむを夢いめのみに/万葉集 3471

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android