コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暫く/姑く/須臾 シバラク

デジタル大辞泉の解説

しばら‐く【暫く/×姑く/須臾】

[副](スル)《「しまらく」の音変化》
すぐではないが、あまり時間がかからないさま。少しの間。しばし。「―お待ちください」「―して主人が現れた」
時間的にある程度長く続くさま。当分。「好天は―続くだろう」「―は当地に滞在する」
一時的であるさま。仮に。「その件は―おくとして」
「―衣裳にたきものすと知りながら」〈徒然・八〉

しまら‐く【暫く】

[副]しばらく」の古形
「―は寝つつもあらむを」〈・三四七一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまらく【暫く】

( 副 )
「しばらく(暫)」の古形。 「 -は寝つつもあらむを夢いめのみに/万葉集 3471

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暫く/姑く/須臾の関連キーワードJカーブ効果(Jアンディ ダンロップニール プリムローズダグラス ペインフラン ヒーリー兎角・左右・兔角劫掠・劫略撓る・萎る恐懼・恐惧空目を使う暫く振り影を隠す丹羽長秀小休み御する躊躇う代り番ましじ物憑き良全

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android