暫く(読み)しまらく

精選版 日本国語大辞典「暫く」の解説

しまら‐く【暫く】

〙 (「しばらく」の古形。「く」は副詞語尾) =しばらく(暫━)(一)
万葉(8C後)一四・三四七一「思麻良久(シマラク)は寝つつもあらむを夢のみにもとな見えつつ吾(あ)をねし泣くる」
霊異記(810‐824)下「(シマラク)の身、詎(たれ)(なが)(ながら)へむ〈真福寺本訓釈 暫爾 シ万良久乃〉」
[語誌]奈良時代には「しまし」と併用されていたが、平安時代以降、マ行バ行の子音交替によって、訓点資料で「しばらく」が優勢となり、「しまらく」は用いられなくなった。

しまし‐く【暫く】

〘副〙 (「く」は副詞語尾。多く下に助詞「も」を伴って用いる) しばらく。少しの間。しまし。
※万葉(8C後)二・一一九「芳野河行く瀬の早み須臾(しましく)も淀む事無く在りこせぬかも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暫く」の解説

しばら‐く【暫く/×姑く/須臾】

[副](スル)《「しまらく」の音変化》
すぐではないが、あまり時間がかからないさま。少しの間。しばし。「―お待ちください」「―して主人が現れた」
時間的にある程度長く続くさま。当分。「好天は―続くだろう」「―は当地に滞在する」
一時的であるさま。仮に。「その件は―おくとして」
「―衣裳にたきものすと知りながら」〈徒然・八〉

しまら‐く【暫く】

[副]しばらく」の古形。
「―は寝つつもあらむを」〈・三四七一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android