コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直面 チョクメン

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐めん【直面】

[名](スル)物事に直接対すること。「思いがけない事態に直面する」

ひた‐おもて【直面】

[名・形動ナリ]
面と向かい合うこと。また、そのさま。
「ただかう殿上人の―にさしむかひ」〈紫式部日記
ひためん(直面)

ひた‐めん【直面】

能で、役者をつけずに素顔のままでいること。主に、普通は面をつけるシテシテツレについていう。ひたおもて。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

直面

狂言では神仏、鬼、精霊老人醜女、動物などを演じる際には面を付けるが、普通は何も付けない素顔。これを直面という。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょくめん【直面】

( 名 ) スル
直接に物事に対すること。物事にじかに接すること。 「困難な事態に-する」

ひたおもて【直面】

( 名 ・形動ナリ )
直接に差し向かうさま。 「ただかう殿上人の-にさしむかひ/紫式部日記」
あらわなさま。ぶしつけなさま。 「あかうなりゆけば、さすがに-なる心地して/源氏 橋姫

ひためん【直面】

能の演者が面を用いないこと。ワキ・ワキツレ・子方、また現在物のシテの男役が直面で出る。ひたおもて。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

直面の関連キーワードグロースリセッションGirls ガールズ学校カウンセリング社会保障サービス単振り子・単振子国境なき医師団壁に突き当たるダブルケア学校心理学目を逸らすレイリー波打ち当たる救国大連立慣性重力波生徒指導円振り子アポリア神色自若相対する炎熱商人

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直面の関連情報