形材(読み)かたざい

大辞林 第三版の解説

かたざい【形材】

建材や装飾用の金属材料。アルミニウム合金のものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

形材【かたざい】

L字形,C字形などの断面形状をもつ,金属製の長手材。とくに鋼材の場合を形鋼といい,山形鋼(等辺・不等辺),溝形鋼,I形鋼,H形鋼など,力学的合理性と使いやすさから決められる種々の断面形状のものがあり,機械,建築,橋梁(きょうりょう)などの構造材に多用されている。形材のうち最も多量に生産されているのは,建材,装飾用部材などに用いられるアルミニウム合金の押出材。
→関連項目H形鋼

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたざい【形材 sectioned material】

金属材料で土木・建築における構造用に使用されるもの,装飾用に用いられるもの,また工作機械などの機械類の骨組みに用いられるものの多くは,棒材や管材のような円形断面ではなく,L字形,C字形,その他の複雑な断面形状の長手材である。これらを総称して形材といい,とくに鋼材の場合に形鋼shaped steelと呼ぶ。形鋼,棒状に圧延された棒鋼,線材,レール材などの長さがその断面の大きさに比べて著しく長い鋼材は条鋼barと総称される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形材の関連情報