コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後の事 ノチノコト

デジタル大辞泉の解説

のち‐の‐こと【後の事】

行く末のこと。また、死後のこと。
葬式や法要などの、死者をとむらう作法。のちのわざ。
「命尽きぬと聞こし召すとも、―思し営むな」〈・松風〉
後産(あとざん)。のちのもの。
「程なく生まれ給ひぬ。…―またいと心もとなし」〈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のちのこと【後の事】

死後に営む仏事や法事。のちの業わざ。 「命つきぬと聞こしめすとも、-おぼし営むな/源氏 松風
後産あとざん。のちのもの。 「心もとなきもの…子生みたる-の久しき/枕草子 160

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後の事の関連キーワードベントリー(Edmund Clerihew Bentley)エドモンド・クレリヒュー ベントリー地域公共交通活性化・再生総合事業ドルリイ・レーン最後の事件ストレステスト(耐性評価)番号ポータビリティー制度ジャレット ピーターソンポウル アルトハウス沙粧妙子・帰還の挨拶意味合い・意味合ディ・ルディニ文武二道万石通荏柄天神縁起アルトハウス補助金の返還マイリンゲン猪隈関白記蝶理[株]丙辰丸盟約流用・移用

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android