コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後七日の御修法 ゴシチニチノミズホウ

2件 の用語解説(後七日の御修法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごしちにち‐の‐みずほう〔‐みズホフ〕【後七日の修法】

真言宗では御修法を「みしほ」とよみならわす》正月8日からの7日間、天皇の安穏・国家の繁栄・五穀の豊作などを祈って、宮中の真言院で、東寺長者を導師として行われた真言の秘法。承和元年(834)空海仁明天皇の勅命により中務省において行ったことに始まる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごしちにちのみずほう【後七日の御修法】

〔「御修法」は「みしほ」とも〕
真言宗の重要な法事の一。正月8日から14日まで玉体安穏・皇祚無窮こうそむきゆう・鎮護国家・五穀豊穣を祈る。835年空海が宮中の真言院で行なったのが最初であるが、のちに東寺灌頂院へ移って現在に至る。真言院御修法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後七日の御修法の関連キーワード羯磨後七日御修法御修法見丁古義真言宗五壇の御修法護摩堂三壇の御修法真言院五大尊の御修法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone