コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後七日の御修法 ゴシチニチノミズホウ

デジタル大辞泉の解説

ごしちにち‐の‐みずほう〔‐みズホフ〕【後七日の修法】

真言宗では御修法を「みしほ」とよみならわす》正月8日からの7日間、天皇の安穏・国家の繁栄・五穀の豊作などを祈って、宮中真言院で、東寺長者導師として行われた真言秘法。承和元年(834)空海仁明天皇勅命により中務省において行ったことに始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごしちにちのみずほう【後七日の御修法】

〔「御修法」は「みしほ」とも〕
真言宗の重要な法事の一。正月8日から14日まで玉体安穏・皇祚無窮こうそむきゆう・鎮護国家・五穀豊穣を祈る。835年空海が宮中の真言院で行なったのが最初であるが、のちに東寺灌頂院へ移って現在に至る。真言院御修法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

後七日の御修法の関連キーワード後七日の阿闍梨真言院御修法東寺灌頂院鎮護国家五穀豊穣後七日玉体

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android