後付・跡付(読み)あとつけ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐つけ【後付・跡付】

〘名〙 (「あとづけ」とも)
① 江戸時代、客人を乗せた馬の尻へつける荷物。重量三貫目を限って許される荷物で、武士の乗る場合は多く刀箱であったので、刀箱のことをもいう。
※咄本・百物語(1659)上「先つづら二つつけけるか、次にあとつけのり敷つけけるか」
※浮世草子・武道伝来記(1687)六「跡付(アトツケ)に長国国宗の大小はなさず」
② (①の刀箱の形に似ているところから) 芸者などが付き添いの者に持たせる三味線箱。
※雑俳・柳多留‐一四(1779)「跡付(あトつケ)を持せて芸者船へ来る」
③ 人のうしろからついて行くこと。また、その人。
(イ) 護衛をかねて監督のために歌舞伎役者や遊女などのうしろからついて行く者をいう。
※浮世草子・好色一代男(1682)三「置手拭して、跡(アト)つけの男を待合」
(ロ) 太鼓持ち。幇間(ほうかん)
※評判記・色道大鏡(1678)一「跡付(アトヅケ)、同、太鼓持の事なり。〈略〉本客のあとにつくといへる心なるべきか」
④ 他人が詠んだ詩歌の末の字を始めにおいてさらに詠むこと。尻取り式に詩歌を作ること。
※随筆・秉穂録(1795‐99)一「酒譜に、今人多以文句首末二字、相聯謂之粘頭続尾と。今も戯にするあとつけと云なり」
⑤ (④から転じて) 一人が言ったことばの最後の一音を、次の人が語頭において別のことばを言い続けて行く遊び。尻取り。
⑥ 一応まとまっている物事へ、さらに追加すること。また、そのもの。
(イ) 遊女を揚げたあと、さらに翌日、早朝一定時間を追加すること。上方の遊里語。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)三幕「今夜は爰の揚(あげ)、しかも跡付(アトヅケ)にまでしてあるもの」
(ロ) 食事に添えて出す酒。
※雑俳・軽口頓作(1709)「さあびしい・ゑゑあとづけはないかいの」
(ハ) 書籍の本文のあとにつける後記など。
⑦ 物事の変化の跡をたどり、確かめること。
※小林多喜二問題(1947)〈小田切秀雄〉二「これの立ち入った跡づけは、ここでのわたしの主題ではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android