コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石虎 せきこShi Hu; Shih Hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石虎
せきこ
Shi Hu; Shih Hu

[生]?
[没]太寧1(349)
中国,五胡十六国後趙の第3代皇帝 (在位 334~349) 。羯 (けつ) 族の石勒従子。字は季竜。諡は武帝。性質は残忍であったが,武将としての統率力をもっていたので石勒に信任された。後が華北を統一したのも石虎の力によるところが大きい。石勒死後,その跡を継いだ石弘を殺してみずから居摂趙天王となり,都を (ぎょう) に移した。残虐な政治を行い,また再三外征の軍を起したが実効はなかった。太寧1 (349) 年皇帝の位についたが,同年没し,まもなく石氏も滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきこ【石虎 Shí Hǔ】

?‐349
中国,後の君主。字は季竜。石勒(せきろく)の甥。生来勇武で,石勒の片腕として華北統一に勲功を立て,国軍全権を掌握した。石勒の子石弘を廃して天王の位につき,鄴(ぎよう)に遷都した。その治世15年間は前趙,後趙を通じて南匈奴系国家の最盛期であったが,彼は政務を皇太子石邃(せきすい)にゆだねて遊猟酒色にふけり,豪奢な宮殿を造営して国力を疲弊させた。石邃も乳母を信任したので朝政私情に左右された。さらに兵権を分掌する諸王たちのため君主権はたえず動揺した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

石虎 (セキコ)

動物。ネコ科の哺乳動物タイワンヤマネコの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

石虎の関連キーワード成帝(中国、東晋)虎が石拾遺記東福寺仏図澄大面宝石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android