コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石虎 せきこ Shi Hu; Shih Hu

2件 の用語解説(石虎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石虎
せきこ
Shi Hu; Shih Hu

[生]?
[没]太寧1(349)
中国,五胡十六国後趙の第3代皇帝 (在位 334~349) 。羯 (けつ) 族の石勒の従子。字は季竜。諡は武帝。性質は残忍であったが,武将としての統率力をもっていたので石勒に信任された。後趙が華北を統一したのも石虎の力によるところが大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せきこ【石虎 Shí Hǔ】

?‐349
中国,後の君主。字は季竜。石勒(せきろく)の甥。生来勇武で,石勒の片腕として華北統一に勲功を立て,国軍の全権を掌握した。石勒の子石弘を廃して天王の位につき,鄴(ぎよう)に遷都した。その治世15年間は前趙,後趙を通じて南匈奴系国家の最盛期であったが,彼は政務を皇太子石邃(せきすい)にゆだねて遊猟と酒色にふけり,豪奢な宮殿を造営して国力を疲弊させた。石邃も乳母を信任したので朝政は私情に左右された。さらに兵権を分掌する諸王たちのため君主権はたえず動揺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石虎の関連キーワード後趙石勒前趙祖逖一天の君祖宗万乗の君石臘頁岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石虎の関連情報