コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けつJie; Chieh

5件 の用語解説(羯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


けつ
Jie; Chieh

五胡の一つで,匈奴系の一部族名。中国の山西省に住んでいたが,五胡十六国時代華北を荒した。五胡十六国の一つである後趙国を建てた石勒は,羯の出身。匈奴系の諸部族全般,さらに北方民族全体をさして羯ということもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けつ【×羯】

中国、匈奴の一種族で、五胡の一。名は山西省の羯に居住したことによるという。4世紀初め、族長の石勒(せきろく)が五胡十六国の一つ、後趙(こうちょう)を建国。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

羯【けつ】

中国,魏晋南北朝時代の4世紀に北方に侵入した異民族の一つで,匈奴(きょうど)の一種族と考えられる。いわゆる〈五胡〉の一つ。華北に興亡した五胡十六国の一つの後趙(こうちょう)(319年―351年)を建国した石勒(せきろく)は羯人であった。
→関連項目魏晋南北朝時代石勒仏図澄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けつ【羯】

中国、五胡の一。匈奴系の一種族。山西省楡社県の羯に居住していたことによる名という。後趙こうちよう319~351)を建てた石勒せきろくはその出身。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けつ

中国、五胡(ごこ)十六国時代の五胡の一つ。319年に後趙(こうちょう)を建てた石勒(せきろく)は羯族出身である。彼らが「羯」とよばれたのは、2~3世紀に中国北部に南下した匈奴(きょうど)の19の構成種族の一つで、山西省中部山間部に入居したKhes(あるいはKit。石を意味するエニセイ語)を、「去勢した羊(ひつじ)」を意味する「羯」と音訳したため、とする説が有力である。後趙王室がその姓氏を石と称したのもKhesの意訳と思われる。彼らは隆鼻、深目、長鬚(ちょうしゅ)(長いあごひげ)という身体的特徴をもっていたことから、その民族系統を、匈奴に服属した中央アジアのイラン系民族とする説もある。後趙が滅亡すると羯族は分散してしまうが、南北朝から隋(ずい)・唐(とう)時代の文献には、匈奴や鮮卑さらには契丹(きったん)など華北に入居した異民族の蔑称(べっしょう)として「羯胡」「羯虜(けつりょ)」「戎羯(じゅうけつ)」などの語がしばしば使われている。[佐藤智水]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【五胡十六国】より

…4世紀初頭より約1世紀半,中国華北に分立興亡した国家群,あるいはその時代をいう。主権者の多くは五胡すなわち匈奴(きようど)・羯(けつ)(匈奴の一種)・鮮卑(せんぴ)(東胡系)・(てい)(チベット系)・(きよう)(チベット系)の非漢族で,これまでの漢族による中国統治の流れを大きく変えた時代である。また牧畜・狩猟民族と農耕社会との接触が深まり,それが政権の形成にまで発展した,文化史上特色ある時代である。…

※「羯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羯の関連情報