コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎょうYe; Yeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぎょう
Ye; Yeh

中国,河北省南部,臨 漳県の西方にあった都市。春秋時代から現れ,曹操がここを華北統一の根拠地とした。五胡十六国北朝の時代にも都がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょう【鄴 Yè】

中国古代の都市。河北省磁県付近に置かれた。桓公によって築かれ,のち晋が奪ったが,晋が三分されると,魏の領土になった。西門豹(せいもんひよう)は鄴の令となり,漳水を引いてこの地を灌漑した。漢代には鄴県となり,魏郡の郡治であった。武帝が13州を置くと,魏郡は冀州(きしゆう)に属した。後漢末,袁紹(えんしよう)は冀州牧として独立の勢いを示すと,鄴の地に拠った。つづいて曹操が袁紹を倒してこの地を都とし,魏公から魏王へと進んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょう【鄴】

中国、三国時代の魏の都。また、五胡十六国時代の後趙こうちよう・前燕、北朝の東魏・北斉の都。今の河北省臨漳りんしよう県の西方の地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ぎょう

中国、河北(かほく/ホーペイ)省南部、臨(りんしょう)県西方の地名。春秋時代に斉(せい)の桓公(かんこう)(在位前685~前643)がここに初めて城を築いたという。戦国時代には魏(ぎ)の支配下に入り、令の西門豹(せいもんひょう)によって灌漑(かんがい)事業が推進された。その後、後漢(ごかん)末には群雄の袁紹(えんしょう)と彼を倒した曹操(そうそう)(155~220)が続けてに拠(よ)ったが、とくに曹操の時代には大規模な都城が経営された。魏と西晋(せいしん)はともに洛陽(らくよう)に都を置いたが、五胡(ごこ)十六国時代には、後趙(こうちょう)の石虎(せきこ)、魏の冉閔(ぜんびん)、および前燕(ぜんえん)の慕容儁(ぼようしゅん)などがふたたびを拠点とした。その後も北魏の分裂に伴い、東魏、続いて北斉がを都として、長安に拠った西魏や北周と鋭く対峙(たいじ)したが、このころがのもっとも繁栄した時期で、577年、北斉が北周に滅ぼされてからは都市としての機能を喪失していった。[關尾史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【魏】より

…曹氏を皇帝とするので曹魏ともいう。後漢末の動乱期に,曹操が対立する群雄を倒して華北を平定し,213年(建安18),献帝から鄴(ぎよう)(河北省臨漳県)を中心とする魏国公に封ぜられたのが始まりで,3年後に魏王に進められたが,220年のはじめに死ぬ。後をついだ子の曹丕(そうひ)がその年の10月,献帝の禅譲を受けて帝位に昇り,ここに後漢は滅んで,同じく洛陽を首都とする魏国が正式に成立した。…

※「鄴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄴の関連キーワードアンヤン(安陽)特別市洛陽伽藍記六朝時代般若流支建安七子安慶緒宇文泰于武陵慕容儁信行石虎西晋南京高歓道安張魯文侯郭威後趙前燕

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android