コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後遺症と対策 こういしょうとたいさく

家庭医学館の解説

こういしょうとたいさく【後遺症と対策】

後遺症のいろいろ
 脳細胞は、一度死んでしまうと再生されることはなく、損傷を受けた部位と範囲に応じたいろいろな後遺症が残ります。
 損傷を受けた脳の範囲が広い場合は、たとえ一命はとりとめても意識障害が残ります。意識障害の程度は、ほとんど正常だが少しおかしいという程度から、まったくコミュニケーションが不可能な植物状態までさまざまです。
 損傷の範囲は小さくても、部位によっては、認知症、失語症(しつごしょう)(しゃべれない、しゃべれても意味をなさない、ことばを理解できないなど)、不眠などの精神神経障害、しびれなどの感覚障害、手足のまひなどの運動機能障害が残ることがあります。
 また、損傷が治り、あとに瘢痕(はんこん)(ひきつれ)が残ると、その部分や周囲の組織がときどき興奮し、けいれんがおこることがあります(外傷性てんかん)。
●後遺症と対策
 けいれんは、抗けいれん薬の服用で発症を予防することが可能ですが、それ以外の後遺症は、残念ながら決め手となる治療法がなく、回復が容易でないことが多いのです。
 運動機能障害は、リハビリテーションで対応します。機能回復のためのリハビリテーションには、いろいろな方法があるので、根気よく続けることがたいせつです。
 精神神経障害や感覚障害は、症状に応じた服薬がおもな治療となりますが、症状に応じて精神科医や神経内科医に相談するのも1つの方法です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android