コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後閑城(読み)ごかんじょう

日本の城がわかる事典の解説

ごかんじょう【後閑城】

群馬県安中市にあった城。同市指定史跡。1441年(嘉吉1)に、信濃国の御嶽城(依田城、長野県上田市)の城主、依田忠政が築城を開始し、1447年(文安4)に完成したとされている。1560年(永禄3)、越後の長尾景虎(上杉謙信)は、関東管領上杉憲政を擁して第1回目の関東出陣を行う。その際、西上野の多くの武将は景虎方についたが、城主の新田信純(のち真純に改名)は小幡城の小幡信実とともに武田方に与したため、城を失った。しかし、1566年(永禄9)に武田信玄が長野氏の箕輪城を攻略して西上野を制圧し、翌1567年(永禄10)、信玄は新田真純を後閑城に入城させたことから、城主として復帰した。1582年(天正10)に武田氏が滅亡すると、真純の長男の信重は厩橋城の北条(きたじょう)高広(上杉氏の城代として同城に入城したが、のちに離反・自立した)に従い、次男重政と三男信久は北条氏に属して両後閑と呼ばれた。1584年(天正12)、高広が北条氏に降伏すると、北条氏直は新田兄弟(両後閑)に厩橋城在番を命じている。1590年(天正18)の小田原の役では、両後閑は小田原城に篭城し、後閑城は松井田城の大道寺駿河守政繁に属したが、北条氏の滅亡とともに、廃城となった。城跡には曲輪(くるわ)、土塁、堀切などが残っている。また、城跡の一部は城址公園として整備され、櫓(やぐら)などが復元されている。JR信越本線安中駅から柿平行きバスで金蔵入口下車、徒歩1時間弱(城跡まで)。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android