コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐家匯 じょかわいXu-jia-hui; Hsü-chia-hui

4件 の用語解説(徐家匯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐家匯
じょかわい
Xu-jia-hui; Hsü-chia-hui

中国,上海南西部の地名。カトリック天主堂所在地として有名。万暦 35 (1607) 年徐光啓イエズス会宣教師ラザレ・カッターネオ (郭居正) をこの地に招いて布教させ,天主堂を建て,以後中国における布教の中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

徐家匯【じょかわい】

中国,上海市内の地区。現在は徐匯区となり,市区と郊外を結ぶ交通の中心。19世紀中国に来住したフランスのイエズス会の天主堂(1911年再建)の所在地。ここに中国布教の本部があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょかわい【徐家匯 Xú jiā huì】

中国,上海市徐匯区の地名。市街地の南西端にあたり,バスのターミナルがあって,市区と郊外を結ぶ交通の中心である。上海の都市化が進む前は県城の南西近郊の農村地帯で,租界の拡張とともにフランス租界の南西端にくみいれられた。明の高級官僚であり,キリスト教徒の科学者でもあった徐光啓の生家があったところで,その墓もある。1847年(道光27)清朝のキリスト教解禁をうけて,フランスのイエズス会士が教会を建設したが,原地民の反対運動も激しく,徐家匯教案(仇教運動)として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐家匯
じょかわい / シュイチヤホイ

中国東部、上海(シャンハイ)市の徐匯(じょわい)区の一地区。明(みん)末に西洋文明を導入し、『農政全書』の著者として有名な徐光啓(じょこうけい)とその子孫の居住地であったのでこの名がある。1847年徐光啓がイエズス会士カッタネオとともに天主堂を建てた場所で、中国でのカトリック伝道の中心地として知られる。現在の天主堂は1906~11年再建のもの。付属施設として図書館、病院、天文台などがあり、なかでも天文台は1884年以後、中国における標準時を決定してきた。[船越昭生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の徐家匯の言及

【徐光啓】より

…中国,明末の政治家,科学者。上海徐家匯(じよかわい)の人。字は子先,号は玄扈,諡(おくりな)は文定。…

※「徐家匯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徐家匯の関連情報