農政全書(読み)のうせいぜんしょ(英語表記)Nong-zheng quan-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農政全書
のうせいぜんしょ
Nong-zheng quan-shu

中国,代の農書徐光啓。 60巻。崇禎 12 (1639) 年刊。中国伝来の農業に加えて,西洋から輸入した新農作物の栽培・水利法などを採用して,農本,田制,農事,水利,農器樹芸蚕桑,蚕桑広類などの部門に分けて,農政農耕全般にわたっていている。その後の農書の基準となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうせいぜんしょ【農政全書 Nóng zhèng quán shū】

中国,明末の農書。政治家であり科学者でもあった徐光啓主著の一つ。60巻。1639年(崇禎12)刊。内容は,農本(農家諸書の総括)3巻,田制(井田ほかの歴代の田制)2巻,農事(農作業および授時,占)6巻,水利(泰西水法が2巻をしめる)9巻,農器(農具)4巻,樹芸(穀,蓏(ら),蔬,果の4目に分類)6巻,蚕桑4巻,蚕桑広類(広類とは木綿,蔴苧の繊維作物)2巻,種植(竹,木,茶,そして薬用植物)4巻,牧養(養魚養蜂を含む)1巻,製造(常需の食品の製法)1巻,荒政(飢饉対策。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農政全書
のうせいぜんしょ

中国明(みん)代の農書。著者は徐光啓(じょこうけい)。この書は徐光啓の死後6年、1639年に刊行された。『斉民要術(せいみんようじゅつ)』、王楨(おうてい)の『農書』とともに中国三大農書とされる。『農政全書』は12部門に分かれ、農本、田制、農事、水利、農器、樹芸、蚕桑、蚕桑広類(ワタ、アサなど)、種植、牧養、製造、荒政で、60巻に達する。日本の宮崎安貞(やすさだ)の『農業全書』に大きな影響を与えている。

[福島要一 2016年4月18日]

『山田龍雄他編『日本農書全集12・13 農業全書』(1978・農山漁村文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

のうせいぜんしょ【農政全書】

中国の農書。六〇巻。明末の徐光啓撰。崇禎一二年(一六三九)刊。古来の農家の説を総括して自説を述べ、さらに西洋の新知識を加えて農学を集大成した書。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

農政全書
のうせいぜんしょ

明の徐光啓の著書で,中国の農書の集大成といわれる
60巻。古来農学説をまとめ,自説を加え,さらにマテオ=リッチらから西洋の技術を取り入れ,田制・農事・水利・農器・園芸・飢饉対策などの12部門にわたって詳述

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の農政全書の言及

【農書】より

…さらに《農器図譜》16巻は初めての総合的な農具の図解で,在来農具のほとんどに及び,農史研究のうえに役立つことが多い。明代農書の代表的なものは徐光啓の《農政全書》60巻である。彼は礼部尚書(文武大臣)にまで昇った人であるが,西洋科学にも通じ,《農政全書》中に,〈泰西汞法(たいせいこうほう)〉2巻,〈荒政(飢饉対策)〉18巻の存することは,彼の経歴と学問的素養を背景にしたものである。…

※「農政全書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報