コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐禎卿 じょていけいXu Zhen-qing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐禎卿
じょていけい
Xu Zhen-qing

[生]成化15(1479)
[没]正徳6(1511)
中国,明の文学者。呉県 (江蘇省) の人。字,昌穀。早くから祝允明らと「呉中四才子」と称され,のち李夢陽 (りぼうよう) ,何景明親交を結んで「三雄」と呼ばれ,「前七子」の一人に数えられる。詩文集『徐廸功 (てきこう) 集』 (6巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょていけい【徐禎卿 Xú Zhēn qīng】

1479‐1511
中国,明代の詩人。字は昌穀(または昌国)。江蘇常熟に生まれ蘇州の人となった。弘治18年(1505)の進士。祝允明,唐寅(とういん),文徴明らと呉中の四才子と称せられ,六朝風の繊弱な詩を作ったが,進士になってから,北京で李夢陽,何景明らの詩社に入り,前七子(七子)の一人に数えられて,漢・・盛唐風に改めた。その《談芸録》は漢・魏の古詩を主題として論じた詩論の専著で〈詩は精神の浮英,造化の秘思〉という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐禎卿
じょていけい
(1479―1511)

中国、明(みん)中期の詩人。字(あざな)は昌穀(しょうこく)。蘇州(そしゅう)(江蘇省)の人。1505年(弘治18)の進士。官は国子博士。詩は白居易(はくきょい)、劉禹錫(りゅううしゃく)を好み、六朝(りくちょう)の艶詩(えんし)を喜び、祝允明(しゅくいんめい)、唐寅(とういん)、文徴明(ぶんちょうめい)とともに呉中四才子と称された。のち北京(ペキン)で李夢陽(りぼうよう)、何景明(かけいめい)らと交わって、漢魏(ぎ)盛唐を学ぶようになった。復古を唱えた前七子(ぜんしちし)のなかでは唯一の江南出身者であるが、わずか33歳で死に、その才華を惜しまれた。著に『廸功(てきこう)集』『談芸録』があり、後者は清新な詩論として、清(しん)の詩人王漁洋(士禎(してい))に愛された。伝は『明史』文苑(ぶんえん)伝2に記される。[福本雅一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

徐禎卿の関連キーワード春風馬堤曲文学者七才子十才子江蘇省正徳

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android