繊弱(読み)センジャク

デジタル大辞泉の解説

せん‐じゃく【繊弱】

[名・形動][文][ナリ]弱々しいこと。また、そのさま。ひよわ。
「存外神経の―な彼が」〈芥川枯野抄

ひわず〔ひはづ〕【繊弱】

[形動ナリ]弱々しいさま。ひよわ。
「いとささやかなる人の、常の御悩みに痩せおとろへ、―にて」〈真木柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんじゃく【繊弱】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
弱々しい・こと(さま)。きゃしゃ。孱弱せんじやく。 「神経質で-な子供」

ひわず【繊弱】

( 形動ナリ )
弱々しいさま。ひよわなさま。 「いと若う、-なり/源氏 竹河

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐じゃく【繊弱】

〘名〙 (形動)
① しなやかなこと。また、そのさま。たおやか。きゃしゃ。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「倚才藻者、巧而繊弱」
② 弱々しいこと。かよわいこと。また、そのさま。ひよわ。柔弱。孱弱(せんじゃく)
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉プリンストン雑記「体が少し繊弱(センジャク)なのが欠点で」 〔歴代名画記‐巻七〕

ひわず ひはづ【繊弱】

〘形動〙 細く弱々しいさま。ひよわなさま。きゃしゃ。ひわやか。
※源氏(1001‐14頃)真木柱「いとささやかなる人の常の御なやみに痩せおとろへひわつにて」
[補注]歴史的かなづかいは「ひわづ」とする説もあるが、「ひわぼそ(ひはぼそ)」の「ひは」と同類とみて「ひはづ」とする説に従う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android