コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒手空拳 トシュクウケン

デジタル大辞泉の解説

としゅ‐くうけん【徒手空拳】

《「徒手」を強めていう語》
手に何も持っていず、素手であること。
資金・地位など頼るものがなく、自分の身一つであること。「徒手空拳で事業をはじめる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

としゅくうけん【徒手空拳】

手に何も持たないこと。事業などを始めるのに資本などが全く無いこと。 「一旗あげるべく-で東京へ出る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徒手空拳の関連キーワードカナダ文学竈を起こす赤手空拳香港映画身一つ空拳一旗資本空手

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徒手空拳の関連情報