コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空拳 クウケン

デジタル大辞泉の解説

くう‐けん【空拳】

手に武器・道具などを何も持たないこと。素手(すで)。「徒手空拳
財力や他人の援助などに頼らず、自力で事に当たること。「赤手空拳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうけん【空拳】

何も持っていない、ただの握りこぶし。空手。素手すで。徒手。 「徒手-」
他人の援助を受けないこと。自分だけの力。 「 -をもって敵陣に乗り込む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空拳の関連キーワード硏・乾・件・倦・倹・健・儉・兼・券・剣・劍・喧・圈・圏・堅・嫌・嶮・巻・建・憲・懸・拳・捲・検・権・檢・權・牽・犬・狷・献・獻・県・眷・瞼・研・硯・絢・絹・縣・繭・肩・虔・見・謙・譴・賢・軒・遣・鍵・間・険・險・顕・顯・験・驗フォード(John Ford(1895―1973))竈を起こすカナダ文学香港映画赤手空拳徒手空拳三菱財閥握り拳敵陣空手徒手赤手

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空拳の関連情報