従物(読み)じゅうぶつ(英語表記)Zubehör; Pertinenz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従物
じゅうぶつ
Zubehör; Pertinenz

民法上ののうち,経済的な利用関係に着目して,ある物の常用に供するために付属的に存在している物を従物といい,従物に対して主たる物を主物という (87条1項) 。主物と従物の関係の例として,時計と鎖,金庫家屋建具などがある。母屋と納屋茶室の関係も一般に主物従物の関係と解される。従物は主物の処分に従う (従物の随伴性,87条2項) 。たとえば時計を売却すれば,特約のないかぎり,鎖も売却した扱いを受ける。また家屋に抵当権を設定すれば,畳建具にも当然にその効力が及ぶ (設定後の従物にも効力が及ぶ) 。なお,従物もそれ自体は独立の物であるから従物だけを処分の対象とすることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ぶつ【従物】

法律で、ある物(主物)の継続的な利用に供するため、それに付属させる他の物。家屋に対する畳、金庫に対する鍵など。⇔主物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぶつ【従物】

〘法〙 ある物(主物)の利用を継続的に助けるために、それに結合させた他の物。独立の所有権の客体であるが、処分は主物に従う。家屋に対する畳・建具など。 ⇔ 主物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐ぶつ【従物】

〘名〙 ある物(主物)の効用を助けるためにその物に付属させられた物。のさや、腕時計バンド、家屋の畳・建具など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の従物の言及

【物権】より

…なお,マンションなどの集合住宅は各個の区分所有部分自体が独立した建物と認められている(〈建物の区分所有等に関する法律〉(1962公布))。物置小屋,便所などが建物の外にある場合は,それらは従物であって主物たる建物についての権利の処分に従う(民法87条)。また,建物に抵当権が設定されたときには,物置小屋,便所などは付加物として抵当権の効力が及ぶ(370条)。…

【物】より

…不動産は,その重要性にかんがみ,登記簿という国家の管理する帳簿上にその物理的現況,権利関係が公示されうるしくみとなっている。(2)主物と従物 家屋と畳・建具との関係のように,それぞれ独立の物であるが,ある物の経済的効用を高めるために,他の物がそれに付属せしめられている場合,前者を主物,後者を従物と呼ぶ(87条1項)。そして,民法は,これらが経済的利用の面で一体をなしているがゆえに,法的な運命のうえでも同一に扱い,主物が処分されると従物もまた原則としてその処分に従うとしたのである(同条2項)。…

※「従物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android