コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御岳信仰 おんたけしんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御岳信仰
おんたけしんこう

狭義には木曾の御嶽山に対する信仰。広義には山を,神ないし神の住むところとして神聖視する古代からの山岳崇拝をいう。山岳信仰の組織的なものとしては,鎌倉時代から室町時代にかけて密教と習合して成立した修験道がある。江戸時代には富士信仰と木曾御岳信仰が盛んであったが,1882年,富士信仰系の一派扶桑教,一派は実行教,木曾御岳信仰系では御岳教教派神道として独立している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

御岳信仰の関連キーワード下山応助普寛

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android