御岳山(読み)みたけさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御岳山
みたけさん

東京都青梅市(おうめし)の南西端にある山。標高929メートル。甲州御岳に対し武州御岳(ぶしゅうみたけ)ともよばれる。JR青梅線御嶽(みたけ)駅からバスが御岳登山鉄道のケーブルカーに連絡している。鉄道の両側はツツジとヤマブキが美しい。山頂に慶長(けいちょう)年間(1596~1615)徳川家康が江戸城鎮護の社(やしろ)として再建した武蔵御嶽神社がある。江戸町民の信仰が厚く、御嶽講によって御岳参りが盛んであった。参道には参詣(さんけい)者の宿泊所として約40戸の御師(おし)集落があり、土産(みやげ)品店街の入口近くに高さ約30メートル、樹齢約1000年と推定される国指定天然記念物の神代(じんだい)ケヤキがある。335段の石段を上り詰めた武蔵御嶽神社からの眺望はすばらしい。七代(ななよ)の滝近くの天狗(てんぐ)岩あたりから綾広(あやひろ)の滝の上まで約1キロメートルの奥御岳渓谷(ロックガーデン)は、春のコノハズクと秋のカンタンで知られる。武蔵御嶽神社の赤縅鎧、円文螺鈿鏡鞍は国宝。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みたけさん【御岳山】

東京都西部,青梅市にある山。標高929m。金峰山(きんぷせん),武州御岳(嶽)ともいう。江戸西方の蔵王信仰の山として知られる。全山うっそうたる森林におおわれ,山頂御岳神社が鎮座する。神明造の荘厳な社殿をもち,境内は広い。南方約2kmの男具那ノ峰(1070m)に奥の院があり,秩父連山や伊豆諸島までの雄大な展望が開ける。またコノハズクなど野鳥が多く生息する。御岳山頂へは北東麓の滝本からケーブルカーが通じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御岳山
みたけさん

東京都北西部,青梅市西部にある山。標高 940m。ケーブルカー,リフトが設けられ,山頂に御嶽神社がある。ここは中世以降,関東における山伏信仰の中心地であった。現在,秩父多摩甲斐国立公園の一部となり,夏の林間学校都民のレジャー地としてにぎわう。山上御師 (おし) 集落は宿泊に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御岳山の関連情報