コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実行教 じっこうきょう

5件 の用語解説(実行教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実行教
じっこうきょう

教派神道 13派の一つ。神道実行教ともいう。扶桑教と同じく富士講の長谷川角行を祖とする。角行の教えが種々の流れに分れるなかで,肥前の柴田花守が教えを受け本教の発展に努力し,1882年教派として独立,初代管長となる。造化三神を主神とし,富士山を崇祀する。名のとおり,空理空論を避け人の道の実行を旨とすることこそ惟神の道であるとする。本庁は埼玉県さいたま市盆栽町にあり,機関誌に『実行教教報』『不二道』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じっこう‐きょう〔ジツカウケウ〕【実行教】

神道十三派の一。富士講をもとに柴田花守が組織化した教団。明治15年(1882)一派独立。本部は埼玉県さいたま市。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

実行教【じっこうきょう】

神道実行教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じっこうきょう【実行教】

神道十三派の一。教祖、長谷川角行。1882年(明治15)に柴田花守が教団を設立。造化三神の鎮まる、世界の中心としての富士山を崇拝し、実践道徳と天皇崇拝を説く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実行教
じっこうきょう

山岳信仰を中心とする神道(しんとう)教団の一つ。旧教派神道神道十三派の一つ。近世に広まっていた富士信仰を基盤とし、明治初期の宗教政策の影響の下に教団化されたもの。長谷川角行(はせがわかくぎょう)を開祖に置く不二道(ふじどう)の流れが中心にある。もと肥前(佐賀県)小城(おぎ)藩士柴田花守(しばたはなもり)が、小谷禄行(こだにろくぎょう)(三志(さんし))のもとで修行後、不二道第10世の教主となり、維新後1878年(明治11)に実行社を結成したのに始まり、1882年に神道実行派として一派独立、同年、実行教を名のる。花守の没後は、柴田礼一(1840―1920)、孫太郎(1871―1939)と管長職が世襲されている。富士信仰を中心とするが、教会は全国に広がる。本部は埼玉県さいたま市北区。神社数4、教会数55、布教所数49、教師数322、信者数1万8430(『宗教年鑑』平成26年版)。[井上順孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の実行教の言及

【教派神道】より

…(1)山陽・近畿の先進的農村を基盤に創唱された黒住教,天理教,金光(こんこう)教。(2)江戸時代後期に発達した富士信仰と木曾御嶽信仰の講を再編成した実行教,扶桑教,御嶽(おんたけ)教。(3)おもに明治初年に組織された惟神(かんながら)の道に立つ禊(みそぎ)教,神理教,神習教,大成教,神道修成派,大社教,神道本局(のち神道大教),神宮教。…

【富士信仰】より

… 江戸時代には,修験道の色彩を弱め,民間信仰の富士講が中心となり,富士講の一派が不二道(ふじどう)となって,倫理観の高い教理をうち出した。明治時代になって,富士講は教派神道十三派の神道扶桑(ふそう)教,実行教,さらに丸山教の三つの教団に分かれたが,現在もなお富士登拝の習俗はつづけられている。
[富士登拝の習俗]
 富士登山の伝説では,役行者(えんのぎようじや)を最初とすることから,富士山に対する修験道の影響が深いことはたしかである。…

※「実行教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone