御陰/御蔭(読み)ミカゲ

デジタル大辞泉の解説

み‐かげ【御陰/×蔭】

日を避けて陰となる所。転じて、御殿。
「高知るや天(あめ)の―天知るや日の―」〈・五二〉
神・天皇から受けた恩恵。おかげ。庇護。
「つくばねのこの面(も)かの面に蔭はあれど君が―にますかげはなし」〈古今・東歌〉
頭に挿す鬘(かずら)。
「品太(ほむだ)の天皇(すめらみこと)の―、この山に堕(お)ちき」〈播磨風土記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android