コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微温(読み)ヌルマ

デジタル大辞泉の解説

ぬるま【微温】

ぬるいこと。
「―になって居るが、この番茶を替りに」〈円朝真景累ヶ淵
ぬるま湯」の略。
愚鈍なこと。のろま。
「兄貴は知れた―殿」〈浄・盛衰記

び‐おん〔‐ヲン〕【微温】

[名・形動]
わずかに温かいこと。なまあたたかいこと。
手ぬるいこと。中途半端であること。また、そのさま。
「―な読書人の固定した信用を失わしめない」〈大仏帰郷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬるま【微温】

ぬるいこと。びおん。
「ぬるま湯」の略。
お人よし。 「気の永井-の頭かみ、武士のまね仕損ずなと/浄瑠璃・大塔宮曦鎧」
[句項目] 微温湯に浸かる

びおん【微温】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
わずかに温かいこと。なまあたたかいこと。また、そのさま。
なまぬるいこと。手ぬるいこと。また、そのさま。 「 -な態度」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微温の関連情報