コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微量養素/微量要素 ビリョウヨウソ

2件 の用語解説(微量養素/微量要素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びりょう‐ようそ〔ビリヤウヤウソ|ビリヤウエウソ〕【微量養素/微量要素】

植物の生育にとって、微量でよいが不可欠の元素。鉄・亜鉛マンガン・銅・硼素(ほうそ)モリブデンなど。微量元素
動物の成長や生命維持に微量で作用する不可欠栄養素ビタミンなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微量養素
びりょうようそ
micronutrientstrace nutrient

微量で動物の栄養を支配し、その生命維持や成長に欠くことのできない食品成分で、微量要素とも書き、また微量養分、微量栄養素ともいう。ビタミンや無機元素が含まれる。ヒトでは、その欠乏症は特殊な場合を除いて観察されなくなってきた。植物では、おもに水栽培のときにカルシウムマグネシウムなどの多量養素に対し、鉄や亜鉛をはじめ、マンガン、銅、ホウ素モリブデンなどを微量養素とよぶ。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]
『三崎旭・角田万里子・小原郁夫・本沢真弓著『栄養学のための生化学』(1993・朝倉書店) ▽田中春彦著『環境と人にやさしい化学』(1994/2003・改訂版・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微量養素/微量要素の関連キーワード作土純粋培養追肥肥料とっこに取る肥効微量元素十元素根肥微量栄養素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone