コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微量養素/微量要素 ビリョウヨウソ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微量養素
びりょうようそ
micronutrientstrace nutrient

微量で動物の栄養を支配し、その生命維持や成長に欠くことのできない食品成分で、微量要素とも書き、また微量養分、微量栄養素ともいう。ビタミンや無機元素が含まれる。ヒトでは、その欠乏症は特殊な場合を除いて観察されなくなってきた。植物では、おもに水栽培のときにカルシウムやマグネシウムなどの多量養素に対し、鉄や亜鉛をはじめ、マンガン、銅、ホウ素、モリブデンなどを微量養素とよぶ。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]
『三崎旭・角田万里子・小原郁夫・本沢真弓著『栄養学のための生化学』(1993・朝倉書店) ▽田中春彦著『環境と人にやさしい化学』(1994/2003・改訂版・培風館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

微量養素/微量要素の関連キーワード栄養(生物)葉面散布硼素肥料

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android