徳守神社

デジタル大辞泉プラスの解説

徳守神社

岡山県津山市にある神社。733年創祀。祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、国常立尊(くにとこたちのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、月読尊(つきよみのみこと)、誉田別尊(ほむたわけのみこと)。日本三大神輿のひとつとされる大神輿(幅1.7m、屋根部分幅2.1m、高さ2.8m、重さ約1t)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android