コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳田貞一 とくださだかず

2件 の用語解説(徳田貞一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳田貞一
とくださだかず

[生]1893.6. 鳥取
[没]1945.5.28.
地質学者。東京大学地質学科卒業 (1916) 。北海道の炭田を調査し,火山帯と弧状褶曲山脈との関係から雁行配列の成因を論じた。雁行配列を実験的につくって成因を説明した点が世界的に著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳田貞一 とくだ-さだかず

1889-1945 大正-昭和時代前期の地質学者。
明治22年生まれ。北海道炭礦汽船,三井鉱山につとめ,北海道各地や,シベリア,樺太(からふと)(サハリン),中国,インドシナなどの地下資源を調査。昭和2年発表の論文「日本群島の雁行(がんこう)構造」はプレート-テクトニクス理論の先駆け。昭和20年5月28日死去。57歳。鳥取県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳田貞一の関連キーワード池田桃川大久保百合子大島治喜太奥田宗太郎小泉勝爾後藤清郎永山在兼三木宗策森下彰子和田操

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳田貞一の関連情報