コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳田貞一 とくださだかず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳田貞一
とくださだかず

[生]1893.6. 鳥取
[没]1945.5.28.
地質学者。東京大学地質学科卒業 (1916) 。北海道の炭田を調査し,火山帯と弧状褶曲山脈との関係から雁行配列の成因を論じた。雁行配列を実験的につくって成因を説明した点が世界的に著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳田貞一 とくだ-さだかず

1889-1945 大正-昭和時代前期の地質学者。
明治22年生まれ。北海道炭礦汽船,三井鉱山につとめ,北海道各地や,シベリア,樺太(からふと)(サハリン),中国,インドシナなどの地下資源を調査。昭和2年発表の論文「日本群島の雁行(がんこう)構造」はプレート-テクトニクス理論の先駆け。昭和20年5月28日死去。57歳。鳥取県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳田貞一の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)東京大学内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン黒田清輝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android