雁行(読み)ガンコウ

  • ×雁行
  • がんこう ‥カウ
  • がんこう〔カウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
空を飛ぶ。また、その形。 秋》
斜めに並んで進むこと。「雁行する船団」
先になり後になりして進むこと。「首位を争って雁行する二チーム」
兵法で、陣立ての一。斜めにを組んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ガンが列をなして飛ぶこと。また、その列。
ガンが飛ぶ時の列の形のように、ななめに並んで行くこと。
陣立ての一。ななめの列に陣形を組むもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 雁が飛んで行くこと。また、そのときの列の形。《季・秋》
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・秋日遊円融院即事〈中原広俊〉「雁行一道斜過塞。鶴唳数声未皐」 〔梁簡文帝‐大同十年十月戊寅詩〕
② 雁が列をなして飛ぶようにはすかいに続いていく形で、移動したり、すわったりすること。
※本朝文粋(1060頃)一一・鶴鳴九皐詩序〈藤原雅材〉「発矇啓滞。移鄒邑而鴈行」 〔荘子‐天道〕
③ (②より転じて) ある物事や人物にややおくれて進むこと。あとを追うこと。
※日本詩史(1771)一「余論大江氏、朝綱上襄。佐国行」
④ 陣の構え方の名。雁が空を飛ぶときのように、はすかいにずらして陣をかまえるもの。がんぎょう。
※太平記(14C後)一四「馬の頭を雁行(ガンカウ)に連(つら)ねて」 〔韓非子‐存韓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雁行の関連情報