コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳興里古墳 とくこうりこふんDu'khung-ri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳興里古墳
とくこうりこふん
Du'khung-ri

北朝鮮平安南道大安市舞鶴山南麓の壁画古墳。前後2室から成る墓室の壁面には,ほぼ全面的に壁画が認められる。前室の壁画は出行図,官吏伺候図などの被葬者の生前の公的生活を表わし,後室のそれは,家居宴飲図,供養図,流鏑馬図などの私的な生活が描かれている。画題に従来まったくみられなかったものがあること,壁画の保存状態が大変よいことなどとともに,長文の墓誌銘をはじめ,さまざまな銘文が墨書されていて,この墓の学術上の価値を一層高めている。墓誌銘によれば,被葬者の名は鎮で,永楽 18年 12月 (409年1月) に死去している。高句麗の壁画古墳研究にとってだけでなく,4~5世紀の東アジアの歴史研究にきわめて重要な資料である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とっこうりこふん【徳興里古墳 Tŏkhǔngni‐kobun】

朝鮮民主主義人民共和国,平安南道大安市徳興里にある壁画墳墓。1976年12月に発掘調査され,被葬者や年代がわかる希有な墳墓として脚光を浴びた。封土原形をとどめていないが,内部に南向き横穴式石室が築かれた。羨道,前室,甬道,玄室順序に連接し,全長8.2mを測る。石室は,加工した石材で積み上げられ,表面にはしっくいが塗られていた。墓室のほぼ全面に描かれた壁画により高句麗の文化や風習,さらに政治の一端に触れることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の徳興里古墳の言及

【高句麗】より

…初期には主として積石塚が作られ,中国吉林省集安にある将軍塚が有名である。封土塚の壁画は,徳興里古墳や安岳3号墳など約50ヵ所でみられる。その内容は,初期には当時の生活風俗や家屋のようす,狩猟や戦争のようすが描かれ,後期には道教の影響による四神図が多くみられる。…

※「徳興里古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徳興里古墳の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android