心猿(読み)シンエン

デジタル大辞泉の解説

しん‐えん〔‐ヱン〕【心猿】

欲情に燃えて落ち着かないようすを、がわめき騒ぐのにたとえた語。「意馬心猿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんえん【心猿】

心の欲の制し難いことを、猿がわめき騒ぐのにたとえていう語。 「意馬-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐えん ‥ヱン【心猿】

〘名〙 情欲・煩悩が盛んでおさえ切れないのを、騒ぎたてる猿にたとえていう語。→心の猿
※都氏文集(879頃)三・大唐明州開元寺鐘銘「可以繋意馬、可以降心猿
※元久法語(1205‐07頃)「心猿あそんで十悪のえだにうつる」 〔梁簡文帝‐蒙預懺悔詩〕
[語誌](1)曇鸞「略論安楽浄土義」に「然凡夫心猶野馬、識劇猿猴、馳騁六塵、不暫停息」と、凡夫の心を馬・猿にたとえた例がある。仏教語としての性格が濃いが、道教関係の書や「伝習録」にも用いられている。
(2)「こころのさる」と訓読して使われることは稀だが、謡曲、和歌などに見られる。ただし多く「騒がしい」に重点が置かれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android