コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快元 かいげん

3件 の用語解説(快元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

快元 かいげん

?-1469 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。永享のころ上杉憲実(のりざね)にまねかれて下野(しもつけ)(栃木県)の足利学校の初代庠主(しょうしゅ)(校長)となる。文安3年(1446)学則をさだめ,また書物収集につとめるなど,さびれていた学校の整備につくした。応仁(おうにん)3年4月21日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

快元

没年:文明1.4.21?(1469.6.1)
生年:生年不詳
室町前期の学僧。閲歴は不明な点が多い。はじめ鎌倉円覚寺で喜禅から易を学ぶ。上杉憲実に招かれ,久しく廃絶していた足利学校の初代庠主(校長)として永享11(1439)年ごろから復興に当たった。文安3(1446)年に学規3条を定め,また書籍を収集するなど学校の整備に努めた。易に通じ,しばしば周易を講じた。没年は「足利学校蔵書目録」住持世譜略による。『春秋』を学ぶため渡明を企てたが果たせなかったともいう。憲実が金沢文庫所蔵の宋版の四経注疏を足利学校に寄進したのは鎌倉に住んでいた快元の求めに従ったものだという説がある。<参考文献>川瀬一馬『足利学校の研究』

(山崎誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かいげん【快元】

?‐1469(文明1)
室町中期の臨済宗僧。もと鎌倉円覚寺の僧で,永享年中(1429‐41)に上杉憲実に招請されて足利学校の初代庠主(しようしゆ)(校長)となる。このことによって名を知られるが,出自,経歴等ほとんど不明である。同じく足利学校第9代庠主であった三要元佶(げんきつ)の《春秋経伝抄》によれば,儒学研究のために明に渡るべく筑前大宰府に赴いたが夢告によって中止したという。1469年4月21日示寂。【今泉 淑夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

快元の関連キーワードアミロイドコステン症候群拾玉集スペイン語閲歴解明カッシート楠木正勝藤原輔相

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone