胸臆(読み)きょうおく

精選版 日本国語大辞典「胸臆」の解説

きょう‐おく【胸臆】

〘名〙
。胸部。
※偽悪醜日本人(1891)〈三宅雪嶺〉醜「少女は両手を以て胸を押へ」 〔列子‐湯問〕
② 心。また、心の中。胸中
※本朝文粋(1060頃)八・消洒雪中天詩序〈藤原篤茂〉「積思於胸臆之中。極筆於烟霞之表」 〔蘇舜欽‐過濠梁別王原叔詩〕

く‐おく【胸臆】

〘名〙 あて推量すること。転じて、あいまいでいい加減な考えやことばをいう。
※鹿島大禰宜家文書‐安貞二年(1228)五月一九日・関東下知状「以胸臆之詞、輙不信用矣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「胸臆」の解説

【胸臆】きようおく

むね。心の中。〔淮南子、俶真訓〕炎火洪水の天下に彌靡(びび)するりとも、(心)は胸臆の中に虧缺(きけつ)すること無し。

字通「胸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android